肝臓の元気を守り隊

毎日酷使している肝臓を助ける方法

身近な発がん性物質「アクリルアミド」が含む食品と影響

acrylamide01

発がん性物質として問題視され始めた「アクリルアミド」ですが、ポテトチップスにも含まれているという事で、注目されています。普段何気なく食べている、美味しいポテトチップスですが、発がん性物質が含まれているとなると怖いですよね。

では、実際にアクリルアミドがどのような物質なのか?ポテトチップスなどの食品に含まれている訳などを見ていきましょう。

アクリルアミドとは

加熱調理をしたことによって、意図せずに生成されてしまう物質の事をいいます。販売されている食品以外にも、自宅で加熱調理をしている時にも発生する可能性はあります。

アクリルアミドの歴史

2002年4月にスウェーデン食品庁とストックホルム大学によって、一部の食品にはアクリルアミドが含まれているという事が発表されました。それから様々な国で、アクリルアミドの研究が始まっており、日本では農林水産省が調査を続けています。

アクリルアミドの体への影響

国際機関が動物実験をした結果によると、アクリルアミドは化学物質として考えると「人に対しておそらく発がん性がある」という結果になりました。しかし人間が口にした食べ物の中に含まれている、アクリルアミドで発がん性を確認したという報告はありません。

アクリルアミドが多く含まれている食品

炭水化物が多く含まれているもので、120℃以上の高温で加熱調理された食品に多く含まれている可能性があります。このことから、ポテトチップスに多く含まれていると言われるようになったのです。

摂取量を減らすためには?

食品加工会社などでは、アクリルアミドが発生する原因となるアミノ酸(アスパラギン)をなるべく少なくするという処置を取る事で、アクリルアミド減らそうと努力しています。その他にも、加熱調理の際に高温、長時間という部分に気を付けるという事でも、アクリルアミドを減らす事が出来ると言われています。

様々な食品に含まれています

アクリルアミドというのは、加熱調理された多くの食品に含まれていますので、絶対的に口に入れないようにするのは難しいでしょう。アクリルアミドについて、不安があるという場合には農林水産省が様々な調査をしていますので、参考にするのもいいでしょう。

-肝機能の理解と栄養素