肝臓の元気を守り隊

毎日酷使している肝臓を助ける方法

タウリンの肝臓への働きと摂取方法

taurine01

健康を意識している人は、タウリンという言葉をよく目にしたり耳にするかと思います。タウリンが体にどういった影響を与えているのか、どんな成分なのかを詳しく見ていきたいと思います。

タウリンとは?

タウリンというのは、魚介類に多く含まれている成分です。特に多く含まれているのは、貝類、イカ、タコ、魚の血合いなどです。体への作用としては、血圧・コレステロール・血糖値などを正常値にする事などが注目されています。肝臓機能の低下にも効果があるという事で、お酒を飲む人に求められています。

肝臓への作用

タウリンは肝臓に対して、とても良い作用をもたらしてくれます。肝細胞を再生させるスピードをアップさせる事や、肝臓の働きをサポートしてくれる作用があります。肝臓から分泌されている、胆汁酸というものにはコレステロールの排泄作用があります。

タウリンは胆汁酸をたくさん分泌させることが出来るので、結果的にコレステロール値が低下するという作用があるのです。肝臓に対しての作用と共に、体の健康を守ってくれる働きを感じる事ができます。

アルコールから肝臓を守る

アルコールを摂取すると、肝臓の中で分解されて無毒化されていきます。この時に肝臓はとても大きな負担を感じることとなります。タウリンはアルコールの分解に必要な酵素の働きをサポートしてくれるので、肝臓の負担を軽減する事が可能となります。

アルコールによって負担がかかっていた肝臓を、タウリンで守ってあげる事が出来るのです。

脂肪肝も予防できる!?

タウリンは肝臓の中にある中性脂肪を除去する事ができます。ですから、脂肪肝になる可能性を低くする事が出来るのです。脂肪肝は、生活習慣の乱れや運動不足などから引き起こされます。動脈硬化などの症状に繋がる事が考えられますので、タウリンの効果はとても嬉しいものとなっています。

タウリンの摂取方法

タウリンは、最初に紹介したように魚介類から摂取する事ができます。しかし食事だけでは十分な量を摂取出来ないことも多いでしょう。そういった場合には、タウリンが配合されたサプリメントで足りない分を補ってあげましょう。

-肝機能の理解と栄養素